HOME > 採用担当者様TOP >

アルバイト医師確保のケース

アルバイト医師確保のケース

「突然、院長が倒れた」「麻酔科医がいない!」「当番医が事故で来ない」……病院にとっての緊急事態です。
しかし医師不足の現在、知り合いに頼んでカバーするのもむずかしい。そんなとき、実に頼りになるのがMRTです。
「今日、これから」の代診医の手配も私どもにお任せください。まずは新規登録ページでご登録を!



ico-car土曜の夜、突然院長が倒れた — 内科クリニック事務長 神奈川県
case1-img1

土曜日の夜、突然当クリニックの院長がヘルニアで倒れました。とても診察ができる状態ではないので、月曜から水曜日まで急遽代診を頼まなければなりません。月曜日のことが心配で、いても立ってもいられません。在宅の患者さまもありますし。知り合いのつてがなかったので薬局に相談すると、「MRTという便利な会社があるよ」と紹介してくれました。

家内(事務長)のわたしが早速MRTに電話し、「地域の高齢者をまんべんなく見ていただけるようなドクターにあさってからきていただきたいのですが」とすがるような気持ちでお願いすると、MRTの担当者からは、MRTシステムの説明を受けた後、特に代診医に必要なスキルと給与面とクリニックへのアクセス方法を細かく聞かれました。そのうえで「とにかく急なご依頼なので、少し給与条件を上げていただいたほうがよいのでは」といわれ、そうすることにしました。

MRTの担当者はすぐに、毎日新しく登録されるドクターの中から、すぐ働きたいという意欲の高いドクターで、条件に合った人を探し始めてくれたようです。 MRTに依頼をしてから3時間後に、「月曜日に行けるドクターがいました」とご連絡をいただいたときは、本当にありがたく、感謝の言葉しか出てきませんでした。

ico-car緊急手術!麻酔科医がいない! — 総合病院事務長 埼玉県
case1-img2

埼玉県の病院事務長です。ある日、イレウス解除の緊急手術が入ったのですが、麻酔科医が非番でいません。慌ててMRTに電話して、だれか麻酔科医がいないかとたずねました。施術、時間、給与について情報を伝えましたが、給与については「来ていただけるのであればいくらでも」という腹づもりです。

MRTでは早速、登録している麻酔科医に声をかけていただいて、30分後に「近場にいらっしゃる先生が病院勤務を終わったところで、すぐそちらに向かうそうです」とご連絡をいただきました。こちらからは患者さまの年齢や性別、合併症のありなしといった詳細な情報をお伝えしました。頼んでから1時間もしないうちに先生がお越しになり、ほんとに助かりました。さすがMRTさんですね。最近では、「MRTなら突然の依頼でも決まって当たり前」と思っています。

ico-car検診契約打ち切りの絶体絶命のピンチをすくわれる — 検診専門クリニック院長 和歌山県
case1-img3

和歌山県の検診専門クリニックの院長です。企業検診の前日の夜になって担当医から「行けなくなった」と連絡がありました。検診のスタートは明日の朝8時。それまでに医師が来ないと、年間2000万円の検診契約がパーになってしまうピンチです。しかし、適当な代診医が見つかりません。

パニックになって八方手を尽くして探していたのですが、ある東京の検診クリニックの院長から「MRTに頼むといいよ」と教えてもらいました。そこで夜の 11時にMRTに電話をしました。もともと9万円/日の仕事だったのですが、MRTからは「めいっぱい給料を上げて、20万円/日にしましょう」と提案を受けました。もちろんOKするしかないです。それで検診契約が守れれば安いものですから。

MRTは登録医師にメールで募集をかけたそうですが、瞬時に6人の医師が手を挙げて、その中の最適人者に一瞬で決まったそうです。東京からでも車で8時間くらいかかりますから、確定してからすぐ車で出発していただいて、ギリギリで検診のスタート時間に間に合ってくださいました。とにかく「ありがたい」の一言でした。

ico-car当直ドクターが交通事故で骨折入院、さあどうする? — 外科系救急病院院長 大阪府
case1-img4

「消防署の火事」みたいな話ですが、当院に当直のためにマイカーで向かっていたドクターが、大阪市内で信号機と衝突して骨折入院してしまいました。当直が始まる時間を過ぎてもドクターが来ないので、「まじめな彼にしては珍しいな」と思っていたら、病院から電話がかかってきて驚きました。

彼が来ないとなると、院長であるわたしが当直をすることになりますが、明日早朝から用事があるのでできれば代わりの当直を探したいと思い、事務長からMRTに電話してもらいました。MRTの担当者からは、「早く見つけるには、5万円程度の当直給与を10万円程度出したほうがよいでしょう」と提案を受けました。条件はそれでOKと伝えますと、それから30分後には、たまたま翌日が休日で予定がなかったという外科のドクターが車で当院にやってきてくれ、わたしが病院に泊まり込まずにすみました。ありがとうMRT!

ico-carパートのドクターが患者を増やしてくれた — 整形外科クリニック院長 福岡県
case1-img5

わたしは福岡市内で整形外科クリニックを開業していますが、高齢になり、月曜日は代診を頼んで休もうと思いました。そこでMRTに頼んで普段は大病院に勤務しているT医師に毎週月曜日来てもらうようになりました。たまたまT医師も月曜日が休日なのでこの日にバイトするよいクリニックがないかどうか探していたそうです。

彼が来るようになってから3カ月ぐらいたってみると、なんと普段は80名/日くらいしか来ない外来の患者さまが、T医師の診る月曜日だけは200名くらい来診するようになりました。T医師はとても話がうまく、診療内容をきちんと患者さまに説明するし、何より話のテンポがいいので患者さまが「また来たい」と思うみたいです。

T医師の来る月曜日はCTスキャンの売り上げも上がって大助かりです。当院の収益の向上にずいぶん貢献していただきました。MRTには「ほんとによい人を紹介してくれてありがとう。できれば常勤で来てもらいたいのだが」とお願いしましたが、「T医師はもうすぐ開業予定です」とあっさり言われてしまいました。まあ、そりゃそうでしょうね。

※ これらの記事は個人の感想によるものです。実際の事例をもとに、プライバシー保護のため場所や個人属性を内容に影響しない範囲で変えてあります。