HOME > 医師の転職(常勤)TOP >

人材紹介会社の判断方法

人材会社の判断方法

一般に現在勤めている病院を退職する場合、早ければ1年前、遅くとも3か月前までには退職の意向を伝えなければなりません。ということは転職先はそれまでに決定していなければならないのです。
魅力的な転職先が募集されていないか、常日頃から小まめにチェックをし、信頼できる人材会社を選択しておきましょう。

<判断の3つのポイント>

  • Point1 厚生労働大臣の認可
    人材派遣の看板を掲げていても、厚生労働省より一定の要件を満たす事業会社として厚生労働大臣許可ナンバーを取得していない会社は多々あります。大抵はトップページか会社概要の欄に記載してありますので、必ず確認しましょう。弊社は「厚生労働大臣許可番号 13-ユ-010403」になります。
  • Point2 医師の登録数
    医者の登録数が多い=大手で信頼できる人材会社だ、と安直に考えてはいけません。
    実際にはサービスを利用しておらず、氏名や年齢等の簡単な個人情報を登録しているだけでも「会員」として扱われています。あくまでも実際の転職成功件数を参考にしましょう。サイトに明記されていない場合は実績に自信がない証拠です。弊社は累計155名の先生を支援して参りました。
  • Point3 医療業界内での位置づけ
    ビジネス職の転職とは異なり、医師の転職に必要なのは病院との橋渡しだけではありません。
    まず医療業界に精通した知識を有し、更に両クライアントの立ち位置やニーズを正確に把握していることが決め手となります。
    東大医学部を修了した医師が医師のために作ったMRTでは、その生の経験と知恵でより力強い決定打をバックアップできると、たくさんのご評価をいただいて参りました。